同人誌の装丁まとめ 
原稿をしたりテキレボの準備をしたりしているのですがなかなか筆が進みません。
息抜きにこれまで発行した同人誌の装丁について自分用の備忘録を兼ねてまとめたいと思います。
原稿書くのは大変だけど本作るのは楽しい。

FullSizeRender6.jpg FullSizeRender2.jpg
「うちの娘には××癖があります」
表紙:シルキーアイボリー18kg
本文:書籍用紙 淡クリーム90kg 遊び紙:色上質90kg(色おまかせ)

シリーズ1冊目ですね。初めて印刷所に頼んで本を作りました。
栄光さんのサンバセット オンデマンドコースで作りました。
なんとなく、初めて印刷所に頼むとしたら栄光さん!と決めていました。注文の仕方が初心者にもわかりやすかったです。
遊び紙の色はおまかせでしたがさくら色が本のイメージと合っていてよかった。
オンデマンドですが、初めてちゃんと印刷所で印刷製本をお願いしたので「ちゃんと本の形になっている……!」ととても感動しました。ただ、有料オプションのPP加工をしなかったので手元にある本の角とかがちょっと……剥げてきてしまいましたね……。
やはりPP加工は必要なものだと学びました。


FullSizeRender9.jpg FullSizeRender (1)
「うちの娘には××癖があります」(第二版)
表紙:マットコート紙・135kg
本文:書籍用紙72.5kg 遊び紙:色上質中厚口(さくら色)

1巻の在庫が少なくなってきたので調子に乗って冬コミに合わせて再版したもののそこまで捌けなかったので再版する必要なかったのでは?とちょっと思ってしまったもの。でも一度使ってみたい印刷所だったので頼んでみてよかったです。
ちょ古っ都製本工房さんにお願いしました。
表紙の紙どれ使えばいいかなーと悩んでマットコートにしてみたのですがちょっと薄いかな?と感じました。もっと厚い紙使ったほうがよかったかもしれない。本文用紙も薄くしてみましたが、こちらはめくりやすくなったので良いかなと思いました。でも全体的に本が薄くなってしまいました……。
こちらの印刷所は同人誌専門のところではないのですが、とにかくお安いので初めて小説本を作ってみたいという方には値段的には敷居が低いのではないかと思います。
種類は少ないみたいですが特殊紙も使えますしPP加工もできる場合があるので、装丁にこだわらないで価格を抑えたいときにはまた利用したいです。


FullSizeRender3.jpg FullSizeRender4.jpg
「うちの娘には××癖がありますⅡ」
表紙:シルキーアイボリー18kg 本文:上質90kg

シリーズ2冊目です。こちらも1冊目と同じく栄光さんにお願いしました。
この本は入稿が〆切ギリギリになってしまい、物凄く焦りながら注文したので本文用紙を書籍用紙にしたかったのに上質紙を選んでしまったり、遊び紙を選び忘れたりと色々とやらかしてしまいました。
1冊目以上に表紙の擦り傷や角の擦れが気になってきたのでやっぱりPP加工は必要なんだなと実感しました……。
あと、焦らずに入稿したいです。


FullSizeRender7.jpg FullSizeRender5.jpg
「うちの娘には××癖がありますⅢ」
表紙:新シェルリンN プレーン180K 
本文:淡クリームキンマリ_70K 遊び紙:タントセレクトTS-7(レース)P-67(みずいろ) 100K

シリーズ3冊目はSTARBOOKSさんのオンデマンドノベルズセットを使いました!
冬コミ初参加ということで、気合を入れて100ページ越え頑張りました。
STARBOOKSさん、前々から気になっていたのですが、使える紙の種類が多かったり加工も色々できたりと紙見本を見ながらわくわくしながら選びました。PP加工してみようかなーと悩んだのですが、一度きらきらした紙を表紙に使ってみたかったのでこうなりました。(PP加工するときらきらした感じがなくなってしまうので)
見た目が一番ラノベっぽい雰囲気の本が作れたので気に入っています。
あと対応が本当に丁寧で、不備連絡をくださったお姉さんも優しくて、電話が苦手な私としてはとても有難かったです。
当日もスペースに挨拶に来てくださいました。また利用したいです。


FullSizeRender8.jpg FullSizeRender.jpg
「うちの娘には××癖があります 甘く冷たいバレンタイン」
表紙:コートカード紙180k  マットPP加工 香り印刷(チョコレート)
本文:淡クリームキンマリ72.5kg 遊び紙:オリジナル遊び紙(ポルカドット/ブラウン)

バレンタイン!ということで可愛い本が作りたいと思い、前から憧れていたプリントオンさんにお願いしました。
とにかく特殊加工・オプションの幅が広いです。なんでもできるような気がします。お金があれば。
早割のフェアを利用すれば値段を抑えることもできると思うのですが、とにかく書けなくて通常〆切になんとか間に合った……という感じでした。
コミティア当日は残念ながら欠席してしまったのですが……まさか前日に急に体調崩すとは思いませんでした……。
こんな本が欲しい!と自分で思っていたイメージ通りのものが作れたのでそれは嬉しかったです。
また装丁にこだわった本を作りたいときは早期入稿できるようにしたいです。

こうして並べてみると1年弱で本4冊(+コピー本1冊)作れたのでわりと頑張ったほうでは……?と思います。
でも、できればもっと筆が早くなりたい。
オフセットで作ってみたい気持ちもあるのですが、いまのところ少部数しか発行していませんし、小説だとどうしてもページ数が多くなってしまうので予算的なことを考えるとやっぱりオンデマンドかなーと。
本を作るのとても楽しいので、なんとなく作ってみたいと思っている人は是非作ってみることをおすすめします!1部から作れる印刷所もありますし、なにより自分で書いたものが本という形になると嬉しいですよ!



スポンサーサイト